三井不動産、台湾で「(仮称)三井アウトレットパーク 台湾台中港」を開発


~台湾中部最大級アウトレット~
「(仮称)三井アウトレットパーク 台湾台中港」開発決定
2018年オープン予定

0423381_02

本計画地は台北市から約130km南に位置する台湾第三の都市、台中市の中心部から北西へ約22kmに位置します。台中空港から約9km、台中港フェリーターミナルと隣接し、高速道路のインターチェンジや幹線道路からのアクセスも良い交通利便性の高い立地です。
台中港エリアは台湾でも有数の観光地である、美しい夕日で有名な高美湿地(年間来訪客約140万人)や観光魚市場で有名な梧棲漁港(年間来訪客約130万人)があり、多くの観光客が訪れる活気あるエリアです。また、近接してヨットハーバーも計画されるなど、都市発展計画によりさらなる発展が期待されています。
本アウトレット施設は、約150店舗規模のラグジュアリー、インターナショナル、スポーツ、カジュアル、日系ブランドなど幅広いファッションブランドを誘致し、台湾中部最大級の本格的アウトレットモールとなります。
当施設はウォーターフロントの立地環境を活かして、これまでの台湾になかった開放的で魅力的な商業空間づくりを目指します。また、港の借景を生かした飲食ゾーンの他、シネコンなどのエンターテイメント施設の導入を検討しており、台中都市圏居住者から国内外の観光客まで幅広い客層・ニーズに応える、家族で一日中楽しめる商業施設を目指しています。
今年1月に開業し好調に推移している「三井アウトレットパーク 台湾林口」での経験を生かして日系店舗を積極的に誘致するなど、当社グループの100を超える国内外の商業施設での開発・リーシング・運営により培ったノウハウを最大限に活かしてまいります。

三井不動産(株)ホームページ


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*