【映画】新年台湾映画祭:東京国際映画祭出品「祝宴!シェフ」(總舗師:移動大廚)


新年台湾映画祭:東京国際映画祭出品、
台北映画祭助演女優賞と美術賞受賞受賞作「祝宴!シェフ」
(總舗師:移動大廚)が上映されます。

●上映作:「祝宴!シェフ」(總舗師:移動大廚)

4fa8bb45-3ffb-49f3-9e2d-a4b10490ddaf

●日時:
2016年1月29日(金曜日)16時開演 (15時半開場)
(入場無料、予約必要、日本語字幕あり)

◇予約申込み先:
MAIL: moctokyo@gmail.com 電話: 03-6206-6180

イベント名、参加者全員の氏名、
代表者の連絡先(携帯電話番号かメールアドレス)をお知らせください。
(電話受け付けは平日10時-17時になります。
メールの方は予約完了の返信メールをお送りします。
それが届かない場合は、お手数ですがもう一度ご連絡をお願いいたします。)

自由席です。
開演時間までに入場いただけない場合、
見やすい席を確保できない場合があります。

●会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
(東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階)

AWARDS

★2013★
台湾金馬奨最優秀作曲賞・最優秀歌曲賞ノミネート
釜山国際映画祭オープン・シネマ部門出品
東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門出品
ハワイ国際映画祭正式出品

香港アジア映画祭正式出品

★2014★
フード・フィルム・フェスティバル観客賞受賞
ニューヨーク・アジア映画祭観客賞受賞
ベルリン国際映画祭「食と映画部門」正式出品
台北映画祭助演女優賞、美術賞受賞
ワシントン国際映画祭正式出品

“神”と呼ばれた伝説の料理人が娘に託したのは、人々を幸せにする究極のレシピ――

笑って・泣いて・お腹が空く!
前人未踏で空前絶後な、“おもてなし”エンターテインメント!!

台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、
そこで腕を振るう、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれる
おもてなしの心を極めた宴席料理人がいる
―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、
料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、夢破れ帰省。
そこで亡き父がレシピノートに残した
“料理に込めた想い“に心を動かされたシャオワンは、
時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲きをかけ、
全国宴席料理大会への出場を決意する。
しかし料理は初心者。
果たして、シャオワンは父の想いを引き継ぎ、
“究極の料理”に辿りつくことができるのか?

台湾映画界の大ヒットメーカーチェン・ユーシュン監督、
16年ぶりの待望新作!!

『熱帯魚』(95)『ラブゴーゴー』(97)で
世界に衝撃を放った台湾映画界のヒットメーカー
チェン・ユーシュン監督が、
実に16年ぶりの長編で復活!!
今人気沸騰中の美食の街・台南を舞台に独創的な世界観で描くのは、
”人々を幸せにする究極の料理“を巡って、
個性的で愛すべき登場人物たちが繰り広げる幸福な大喜劇。
見た目も美しく、
食べたくなること必至の絶品料理の数々がスクリーンを鮮やかに彩る!!

CAST

パフィー/アイフォン(愛鳳):リン・メイシウ(林美秀)


イエ・ルーハイ(葉如海):トニー・ヤン(楊祐寧)

ツァン・シャオワン(詹小椀):
キミ・シア(夏于喬)

道化師:
ウー・ニエンチェン(吳念真)


蠅師:クー・イーチェン(柯一正)


鬼頭師:キン・ジェウェン(喜翔)

STAFF

監督/脚本:チェン・ユーシュン(陳玉勲)


プロデューサー:リー・リエ(李烈)、イエ・ルーフェン(葉如芬)

撮影監督:チェン・シャン
(銭翔)

美術:ホワン・メイチン
(黃美清)

編集:チョン・カーワイ(張家維)


音響:フランク・チョン(鄭旭志)

音楽:オウエン・ワン
(王希文)

主題歌:マー・ニエンシエン(馬念先)

2013年/台湾/145分/中国語、台湾語
カラー/スコープ/DCP5.1ch/原題:總舗師:移動大廚


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*