日台の架け橋となる若者の育成目指す 「日台文化交流 青少年スカラシップ」 学生対象に作品募集


日本と台湾の青少年による文化交流促進を目指す「第16回日台文化交流 青少年スカラシップ」を実施。作文とスピーチの2部門で学生(日本国籍)を募集。優秀賞入賞者を台湾研修旅行に招待し、日台の相互理解・相互交流を深めます。台湾の学校を訪問して授業に参加するなど、日本の若い世代がさまざまな経験を通じて新たな友好関係を築くとともに、世界で活躍できる人材の育成を目指します。応募項目は、作文部門(言語:日本語)とスピーチ部門(言語:中国語・台湾語)で、テーマはいずれも台湾に関すること。スピーチ部門は、論文審査を経て本審査を行います。審査委員長の渡辺利夫氏(拓殖大学 学事顧問)らが作品の選考にあたります。詳細は公式ホームページ(http://www.business-i.jp/scholarship/)をチェック。各賞:◇大賞1名(優秀賞の中から選出)◇審査委員長特別賞1名(優秀賞の中から選出)◇優秀賞12名程度◇奨励賞20名程度◇佳作数名程度
※大賞には賞状、台湾研修旅行と奨学金5万円。審査委員長特別賞、優秀賞には賞状、台湾研修旅行。奨励賞、佳作には賞状を贈呈。
締め切り:平成31月1月15日(火)必着
発表:平成31年2月に産経新聞、フジサンケイビジネスアイ紙上で
受賞式:平成31年3月19日(火)
研修旅行:平成31年3月19日(火)~24日(日)
お問合せ:日台スカラシップ事務局(産経新聞社メディア営業局内)
☎03-3275-8656 ✉scholarship@sankei.co.jp

主催:産経新聞社、日本工業新聞社(フジサンケイビジネスアイ)/共催:台北駐日経済文化代表処/特別協賛:アパホテル、JR東海


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*