猿田彦珈琲が海外初出店を台湾にオープン!!


2018年9月30日(日)に海外初出店となる第1号店「猿田彦珈琲 台北南西店」を台湾の誠品生活 南西店 1階にオープン! 
猿田彦珈琲は2011年6月に恵比寿で誕生してから現在までに約10店舗を国内で展開。オーナー自らが様々な国に出向き、現地購入をしたこだわりのある豆で自社焙煎したコーヒーを提供し、 「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」をスローガンに、一杯のコーヒーで彩りが生まれる豊かな生活、活気のある街づくりを推進している。


誠品生活 南西店外観

猿田彦珈琲 台北南西店内観

ドリンク・フード

DRIP/ESPRESSO
日本店舗と同じ豆を使用し、ハンドドリップやカフェラテなどを提供します。お馴染みのアレンジドリンクや、台湾限定のオリジナルブレンドなども提供予定です。FRAPPES
日本でも人気のコーヒーフラッペや抹茶フラッペを提供します。
台湾限定で現地のフルーツを取り入れたオリジナルフラッペも提供予定です。PANCAKE
調布店で人気の「寿太郎のホットケーキ」を台湾でも提供します。他にもコーヒーと共に楽しめるホームメイドの焼き菓子を数種類提供します。

≪店舗概要≫
名称:猿田彦珈琲 台北南西店
住所:臺北市中山區南京西路14號
最寄り駅:台北MRTの中山駅1番出口より徒歩1分
営業時間: 日曜日〜木曜日【11:00~22:00】、金曜日~土曜日 【11:00~22:30】
定休日:なし
席数 :24席

■合弁会社「吉袺股份有限公司」について

海外初店舗となる誠品生活 南西店「猿田彦珈琲 台北南西店」は、猿田彦珈琲株式会社と誠品グループで設立した合弁会社「吉袺股份有限公司」で、運営管理を行います。誠品グループは、 文化を創造することを基盤とし、生活と文化に触れ合う場を提供する役割として、「チェーン店の展開でありながらもクローンではない」という空間へのこだわりこそが、誠品ブランドの価値観として考えています。誠品が持つ「おもてなし」の心は「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」を目指し、「居心地のよい空間」を提供する猿田彦珈琲の企業理念と一致しています。偶然にも、専門分野は違えど同じ志を目指す2つのブランドが出会い、両ブランドの核心的な理念と経営方針を合致、そして両社協力のもと誠品生活のプラットフォームを通し、台湾の皆様へ猿田彦珈琲をお楽しみ頂けることとなりました。

■「猿田彦珈琲 台北南西店」について
誠品生活南西店は、2018年9月30日(日)にグランドオープン(9月20日~29日はソフトオープン)する新しい商業施設です。このエリアは日本で例えると表参道のような街並みで、感度の高い人達が集まるエリアとして知られています。この度オープンする「猿田彦珈琲 台北南西店」は、正面のエントランスを抜けると最初に目に入るのが大きなキッチンカウンター。キッチンと客席は垣根がなく、まるで店内全体がキッチンであるかのようなライブ感を味わうことができます。またキッチンを抜けた奥のスペースにはソファ席を用意し、ゆったりとした時間を過ごす事もできます。このようなライブ感とホスピタリティを同居させることで、「たった一杯で、幸せになるコーヒー」の根幹でもある、コーヒーに対する情熱とお客様に対するおもてなしの両方を感じてもらえるような設計に致しました。