時計のセレクトショップ『TiCTAC』が台北に期間限定OPEN!


株式会社パルコの子会社である株式会社ヌーヴ・エイが運勢する腕時計のセレクトショップ『TiCTAC』が初めて海外店舗を台北市内に期間限定OPEN!日本国内で約100店舗を展開するTiCTACと同様に、自分らしさを表現するアイテムとして、大切な人の幸せな時間を願うギフトとして、知的好奇心を満たす興味深いアイテムとして、腕時計の魅力・選ぶ楽しさを台湾の方々に発信する。

概要

■店舗名称
「TiCTAC POP-UP SHOP」(チックタック ポップアップショップ)
■開催期間
2017年12月1日(金)~2018年01月01日(月) 32日間(予定)
■開催場所
「FUJIN TREE LANDMARK※」店舗内、ギャラリースペース(店舗面積 約14坪)
※「華山1914文化創意產業園區(台北市八徳路一段1号)」、メインエントランス付近
■営業時間
11:00-21:00(FUJIN TREE LANDMARKに準じる)
■展開内容
日本でしか購入できないTiCTACオリジナルブランドをはじめ、約20ブランドを販売予定

今回取扱ブランドの一例
1)SPICA
『SPICA(スピカ)』は乙女座の1等星。自分らしくおしゃれを楽しむ女性に向けたジュエリーのようなデザインが特徴の、TiCTACオリジナルのレディースブランドです。2)Movement in Motion
「見やすく」「永く愛用できる」「機能的な」腕時計を目指す、TiCTACオリジナルのメンズブランドです。
3)LISA LARSON®
スウェーデンの陶芸家リサ・ラーソン氏が生み出すキャラクターをあしらった腕時計。裏蓋には「Tag dig tid」(スウェーデン語で「あなたに時間をあげましょう」)というリサからのメッセージが刻まれています。
4)xme Paris
フランス・パリに本社をおく腕時計ブランド。Xme(エックスミー)の美しい素材とカラー、エスプリを感じさせるデザインは、宇宙や自然、旅先の風景など、様々なものごとからインスピレーションを得、自由な発想から生まれるもの。パリジェンヌのように洗練された、スタイルのある腕時計です。

華山1914文化創意產業園區(はなやま1914 ぶんかそうい さんぎょうえんく)について
華山1914文化創意產業園區は、日本統治時代(1914年)に作られた国営梅酒工場の跡地をリノベーションした文化商業施設です。2007年から台北市が主体となり、クリエイティブでカルチュラルな新しい台湾文化の発信地を目指して再開発が始まり、現在では、台湾文化を牽引する店舗や施設、イベントが充実する、台湾でも最も注目すべき施設のひとつになっております。

住所:台北市八徳路一段1号(台北捷運(MRT) 「板南線」の 【忠孝新生】駅より徒歩3分)

TiCTACについて
TiCTACは、ヌーヴ・エイが運営する腕時計のセレクトショップです。1984年、池袋PARCOに1号店をオープンして以来、全国に店舗を拡大。腕時計を、時間を知るための道具としてだけでなく、自己を表現するツール/ライフスタイルアイテムとしての魅力・付加価値を発信・提案してまいりました。国内外の最旬ブランドから本格的な機械式時計まで、デザイン・機能性に優れた腕時計をセレクト。日本未紹介の海外新興ブランドの発掘や、人気ブランドとのコラボレーション、日ごろから多くの腕時計とお客様に接するショップならではの視点を活かしたオリジナルプロダクトの開発にも注力しています。各店舗は、お客様に気軽にお立ち寄りいただけるよう、コンパクトなスペースの壁面に見やすくディスプレイしたギャラリーのような店づくりをおこなっております。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*