2つの「中部空港」が友好空港提携。中部国際空港と台中国際空港(台湾)との友好空港提携


2017年4月6日(木)、日本の「中部」地域の空の玄関である中部国際空港と、台湾「中部」の台中国際空港が友好空港となり、に「友好空港提携覚書」を締結します。また、同日から定期チャーター便が運航されますので、合わせてお知らせします。

双方の「中部」地域は、昨年3月に中部広域観光推進協議会と台湾側の中台湾観光推動委員会との間で友好交流連携に関する覚書が結ばれたことを皮切りに、本年2月10日には三重県と台中市による国際交流促進覚書、2月23日には下呂温泉観光協会と台中市温泉観光協会による姉妹温泉提携など、官民を挙げての交流が盛んに進められています。

日台それぞれの中央部にあるという立地が共通し、更に台中国際空港はセントレア開港と同時期に民用化された経緯があります。また、両空港は、昨年3月から計15往復のチャーター便が運航されるなど、これまで相互協力を深めてきたところですが、今回の覚書締結により、両空港の周辺地域の交流をさらに拡大させ、将来の定期便の開設を目指します。

なお、締結に際して当社社長ほかで構成される訪問団が台中を訪問します。4月6日(木)午前に台中において締結にかかるセレモニーを実施後、台中国際空港発中部国際空港行きのチャーター便の初便に両空港の代表者が搭乗。

■友好空港について
日本側:中部国際空港 【代表者:中部国際空港株式会社 代表取締役社長 友添雅直】
台中側:台中国際空港 (台湾名:臺中國際機場) 【代表者:交通部民用航空局臺中航空站 主任 張瑞澍】
■締結予定日 : 2017年4月6日(木)
■締結内容  :
・定期直行便開設に向けた相互マーケティング活動
・両地域の自治体、観光事業者等の交流及び観光推進への協力
・両地域への誘客促進
・両空港間での定期的な意見交換
※中部国際空港の姉妹・友好空港は、ミュンヘン空港(2005年2月締結)に続いて2空港目です。
※台中国際空港の友好空港は、中部国際空港が初です。

2.定期チャーター便の運航について
チャイナエアライングループにより、4月6日から5月25日まで、週3便、計22往復が運航予定です。
■フライトスケジュール
CII7314便 台中発 13:00 セントレア着16:55
CII7315便 セントレア発 18:00 台中着 20:20
※火・木・土運航
※運航機材:ボーイング737-800型機(ビジネスクラス8席、エコノミークラス153席)


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*