台湾の国民的絵本作家、ジミー・リャオ著「星空」の日本語訳が1月21日に刊行!


hoshizora_cover-4c-見本

株式会社トゥーヴァージンズから、台湾の国民的絵本作家ジミー・リャオ著「星空」の日本語訳が1月21日に刊行されます。
『君のいる場所』『君といたとき、いないとき』『地下鉄』(ともに小学館)の三部作が「大人のための絵本」として2000 年代初頭に日本でも大ブームを起こした台湾の国民的絵本作家、ジミー・リャオ。
『君のいる場所』『地下鉄』はそれぞれ金城武、トニーレオン主演で映画化されました。

『星空』は2009 年に刊行(原書は2016年1月現在で29刷)、2011 年に映画化もされましたが、日本では2012 年の大阪アジアン映画祭で一度上映されたきりで、日本のファンの間でも長らく原作の邦訳が待たれていた作品でした。
翻訳はこれまで数々の台湾の書籍を日本に紹介し、『歩道橋の魔術師』(白水社)が2016年本屋大賞の翻訳小説部門で3位、第二回日本翻訳対象の最終候補に選ばれた天野健太郎。

主人公の少女の孤独と成長の物語は、これまでのファンや新しく台湾に興味を持った人だけでなく、
多くの読者に共感と希望を与えてくれるでしょう。

DA9801015-01-061
DA9801015-01-069
DA9801015-03-002
DA9801015-03-004
DA9801015-03-019
DA9801015-03-029

『星空 The Starry Starry Night』
著:ジミー・リャオ
訳:天野 健太郎
2017年1月21日発売
ISBN: 978-4-908406-05-8
本体価格: 2,000円+税
判型: B5変型(182mm×248mm)136P 4C 並製


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*