日本音楽のプロモーション事業「J-Music LAB 2016 in Taipei」開催


main

日本レコード協会 広報部は、
海外における日本音楽のプロモーション事業、
「J-Music LAB」を1 月16 日及び17 日
の2 日間、台湾・台北にて実施致しました。

2013 年にインドネシア・ジャカルタからスタートし、
4 年目を迎えた本事業は、今年度第一弾目となる
昨年11 月のタイ・バンコク開催に続き、
初の開催地となる台湾・台北にて「J-Music LAB2016 inTaipei」として開催し
、期間中は、日本人アーティスト8 組が出演したライブの他、ファンとの交流会や
現地企業との商談会等を実施いたしました。

ライブ会場となった華山1914 文化創意産業園区の
Legacy Taipei(伝音楽展演空間)には、
2 日間で合計1,600 名の日本音楽ファンが集まり、
両日とも満員となった会場ではアーティストの歌唱に合せて
日本語で合唱する来場者の姿も見られ、
日本音楽に対する親しみの深さが伺えました。

ライブパフォーマンス後はファンとの握手会やサイン会などの交流会も実施し、
来場者とのコミュニケーションを図ることができました。

また、同じ華山1914 文化創意産業園区の東3 烏梅酒廠では、
日本音楽を紹介するブース展示などを実施、
日本人アーティストのビデオコンサートや出展社によるハイレゾ音源の試聴体験コーナーなど
現地の若者を中心に人気を博していました。
このブース会場への来場者は2 日間で約3,000 名に上り、
多くの来場者に日本音楽のPR を図ることができました。

なお、前日の15 日(金)には現地業界関係者を集めた商談会や
高音質音源の試聴会等を実施、現地台湾のレコード会社や
イベンターなどの企業関係者が31 社68 名参加しました。

この商談会では日本から参加した当協会会員社のレコード会社等と
現地企業とのビジネスマッチングが積極的に行われると共に、
高音質音源の試聴会では配信音源との聞き比べなどを実施し
来場者の関心を集めていました。

当協会は日本音楽のプロモーション事業として展開する「J-Music LAB」を含め、
今後も当協会会員社の海外展開を支援する施策を継続して実施していく予定です。

■事業の概要
【事業名】J-Music LAB2016 in Taipei
【日時】2016 年1 月15 日(金)16 日(土)17 日(日)
【会場】華山1914 文化創意産業園区
(ライブ)Legacy Taipei 伝音楽展演空間、(ブース会場)東3 烏梅酒廠
【主催】一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)
【共催】一般財団法人音楽産業・文化振興財団(PROMIC)、WAKUWAKU JAPAN 株式会社
【後援】公益財団法人交流協会台北事務所、RIT 財団法人台湾唱片出版事業基金会/IFPI 台湾
【協力】プロマックス/インターブレンド/ブルバード/台北西華飯店
【制作運営】BIGART

■ライブの様子
○16 日(土)出演アーティスト
sub1
TAKUYA

sub2
飛鳥とも美

sub3
ネーネーズ

sub4
最上川 司

○17 日(日)出演アーティスト
sub5
Psycho le Cému

sub6
ハナエ

sub7
奥華子

sub8
加藤ミリヤ

sub9
郭暁暁

○ビデオコンサートの様子
sub10

なお、本イベントの模様は、
WAKUWAKU JAPAN で放送予定です(放送日未定)

音楽を通して日台の交友が広がる素敵なイベントですね!
放送が決まり次第、台湾プレスでもまたお知らせしたいと思います!


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*