【映画】台湾映画「光にふれる」上映会


新年台湾映画祭:台湾金馬奨新人監督賞、
釜山国際映画祭観客賞受賞作「光にふれる」(逆光飛翔)
の上映会が台湾文化センターで行われます。

c75bfc89-c5d1-4463-9829-8213ae41f04b

●上映作:「光にふれる」(逆光飛翔)

●日時:2016年1月15日(金曜日)16時開演 (15時半開場)
(入場無料、予約必要、日本語字幕あり)

◇予約申込み先:
MAIL: moctokyo@gmail.com 電話: 03-6206-6180

イベント名、参加者全員の氏名、
代表者の連絡先(携帯電話番号かメールアドレス)をお知らせください。
(電話受け付けは平日10時-17時になります。
メールの方は予約完了の返信メールをお送りします。
それが届かない場合は、お手数ですがもう一度ご連絡をお願いいたします。)

自由席です。
開演時間までに入場いただけない場合、
見やすい席を確保できない場合があります。

●会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
(東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階)

生まれつき目が不自由なユィシアンは、
たぐい稀なピアノの才能を持ちながらも、
幼い頃にコンクールで起きた事件がトラウマとなり、
表舞台に立つことができなくなっていた。

ピアニストを夢見るも、叶える術を知らないユィシアン。
そんな彼をいつも近くで見守ってきた母は、
心配な気持ちを抑え、彼が将来音楽を仕事にして自立できるようにと、
台北の音楽大学に通わせることにする。

家族と離れた都会での暮らしや、
健常者であるクラスメイトとの間にはだかる壁は、
彼に大きな戸惑いを感じさせ、不安な毎日が過ぎていく。

ところがそんな彼の生活は、ダンサーを夢見る少女、
彼の音楽と人柄に惹かれて集まった仲間との出会いによって
光に満ち溢れた世界へと変わってゆく。

厳しい現実の中でも夢を追い続ける彼女にもらった勇気と、
垣根のない仲間たちの友情に支えられ、ユィシアンは、夢に向かって飛翔していく。

大喝采のラストに、心が踊り、
やさしい涙と笑顔が溢れる。

瑞々しい映像と美しいピアノの旋律で綴られる、
1人の天才ピアニストの実話に基づく感動作。

是非ご覧になって下さい。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*